人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族がいながら所在不明「長寿社会」地域のつながりが薄れ、家族関係の希薄化・・・ 金口木舌 八葉蓮華

<<   作成日時 : 2010/08/14 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 介護の取材で一人暮らしの高齢者宅を何度か訪れた。中には家族と疎遠になっても、介護スタッフに見守られながら一人暮らしを続ける101歳の女性もいた

 今回、全国的に問題になっているのが、家族がいながら所在不明になっている100歳以上の高齢者だ。住民票では「いる」はずなのに、家族は「知らない」と言う

 東京都で最高齢の111歳とされていた足立区の男性は30年前に死亡し、自宅で白骨化していた。思わず連想したのが、大阪市で起きた2幼児遺棄事件だ。家庭の中で立場の弱い高齢者はみとられず、幼児はアパートから出られずに命が尽きた

 いずれも壁、ドアの向こうには、家族の気配があったはずだ。夏なのに寒々としたニュースが続く。地域のつながりが薄れ、家族関係の希薄化が、この事態の一因と言われている。「家族とは何か」と考えさせられた人も多いのではないか

 あらためて考えてみると、「長寿大国」を誇りとしてきたこの国は、高齢者を本当の意味で大切にしているのだろうか。「年寄りいじめ」と言われた後期高齢者医療制度も、わずか2年で見直しを迫られた。県内では「無保険状態」の高齢者が640人に上る

 「平均寿命が変わるのでは」との声も聞こえてくるが、今こそ「長寿社会」の中身を問いたい。真に長生きをことほぎ、支援する社会でありたい。

 金口木舌 琉球新報 2010年8月9日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家族がいながら所在不明「長寿社会」地域のつながりが薄れ、家族関係の希薄化・・・ 金口木舌 八葉蓮華 人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる