人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊かな海の保全と人間の経済活動をどう両立させるか・・・ 金口木舌 八葉蓮華

<<   作成日時 : 2010/10/22 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 石垣島の白保でサンゴ礁の上に飛行場を造るというので、一年生議員の時に反対した―「埋め立てが多くの生物をコロす可能性が大きいことは承知している」

 先日の参院予算委員会での菅直人首相の発言だ。普天間基地移設も含めた議論だったが、直接は山口県の原発建設計画に対する答弁。開幕した生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)に関する質疑だった

 生態系の保全や生物資源の持続的な利用を話し合うCOP10では、海の生態系保護も重要議題の一つ。海の生命をはぐくむサンゴ礁は世界ですでに20%減少し、今後10〜20年でさらに15%が消滅する恐れがある

 沖縄の美しいサンゴ礁群も海水温上昇や汚染が原因とみられる白化現象で多くがシ滅している。普天間移設計画で辺野古の海も危ういが、沖縄は国内屈指の埋め立て県でもある

 土地が狭く広大な基地を抱える事情があるが、復帰後に沿岸部の埋め立てが進み、平成以降だけで約13平方キロと北谷町や北大東村に匹敵する面積が増加した。泡瀬だけではない。首相の答弁にもいろいろ考えさせられてしまう

 一説によると沖縄のサンゴ礁は観光資源に加え、台風時に陸を守る防災機能や海水浄化作用など年間約3千億円の価値がある。豊かな海の保全と人間の経済活動をどう両立させるか。COP10を機にもう一度考えたい。

 金口木舌 琉球新報 2010年10月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊かな海の保全と人間の経済活動をどう両立させるか・・・ 金口木舌 八葉蓮華 人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる