人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}

アクセスカウンタ

zoom RSS 敬老の日「トイレの神様」高齢者の所在不明など、絆が残ると信じたい・・・ 金口木舌 八葉蓮華

<<   作成日時 : 2010/09/19 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 何度聴いても、つい涙腺が緩んでしまう歌がある。「トイレの神様」。歌手の植村花菜(かな)さんが亡き祖母との思い出をつづった。妙な題だが、実話の歌詞が心に染みる

 家庭の事情で小3から祖母と2人暮らし。トイレ掃除の苦手な花菜さんに、祖母が「トイレには女神様がいるんやで」と口癖のように言う。〈だから毎日キレイにしたら女神様みたいに べっぴんさんになれるんやで〉

 思春期には行き違いや反発で家を飛び出し上京。久々に里帰りすると祖母は病で伏していた。花菜さんと再会した翌朝、天国へ旅立ってしまう。〈ちゃんと育ててくれたのに 恩返しもしてないのに いい孫じゃなかったのに〉〈おばあちゃんホンマにありがとう〉

 10分近い異例の長さの曲で、テレビやラジオではなかなか流れない。1月に大阪のFMで放送されると、共感のメールがサットウし、火が付いた。「車を止めて聞き入った」「私もおばあちゃんに会いたくなった」

 上海万博での公演では、字幕を見て涙を流す中国人客が続出した。家族を思う素直な気持ちは万国共通で、歌詞の力が言葉の壁を超えた

 もうすぐ敬老の日。今年は高齢者の所在不明が発覚するなど、日本の家族の形に疑問符が付いた。沖縄はまだ絆(きずな)が残ると信じたい。時には照れずにお年寄りに「ありがとう」と言葉にすることで、それを確認したい。

 金口木舌 琉球新報 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敬老の日「トイレの神様」高齢者の所在不明など、絆が残ると信じたい・・・ 金口木舌 八葉蓮華 人道 八葉蓮華 {創価学会 仏壇}/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる